スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

風の谷の もん

 2010-01-22
嫁はジブリの作品が大好きです!



そして私は、そんな嫁が大好きです!



・・・・・・・さて。 (●´艸`)プ


隔離病棟を無事退院し、
ひと息つけた今だからこそ、ジックリと思い返してみたい



『風の谷のナウシカ』!





・・・・・な、なぜ? (;・∀・)タラー





なんだか そんな気分な もん でございます!

映画ではなく、原作のほうの『風の谷のナウシカ』。

本日は ワタクシなりの浅い認識で、ちょっとマジメに考えてみたいと思います。



ネ・・・・・・・




ネタバレ含むっ m9(・∀・)ビシッ!!






「火の七日間」と呼ばれる戦争を引き起こし、滅亡した文明。
世界には、瘴気(猛毒)を吐き出す腐海と呼ばれる森や、巨大な蟲たちが発生した。

拡大しつづける腐海に脅かされながら。

生き残った人類は、
古の文明の遺産を発掘・利用しつつ、僅かに残された土地で暮らしていた。



枯れた大地、汚れた水、毒を含む大気。
多くの人々は、人類を恐怖に陥れる腐海を、蟲を、呪った。
腐海を焼き払い新たな土地を、と思索する大国もあった。



だが、ナウシカは 違った。



彼女は、腐海や蟲との共生の道を探した。
そして、ある時 気付く。



腐海は、大地の毒素を吸収し、空気中に瘴気を放つ。
そうして、大地を浄化し、役目を終えると、ボロボロになって清らかな砂になる。

そう。

腐海は、この星を癒していたのである。




時に本能により、時に人間への怒りにより、大移動を行う王蟲(オーム)。
王蟲は 移動の果て、その体を犠牲に、苗代にして、毒の大地に新たな腐海をつくる。
そして腐海は、星を浄化する。

そう。

蟲は、この星を守っていたのである。




ならば、はるか はるか 未来。

すべての土地が浄化されたとき。

ヒトは、約束の地、青き清浄の地へと、辿り着けるはず・・・・・・・




しかし。




なぜ人間は、この汚染された世界で、
その身体に深刻な影響を受けながら、それでもなお生き残っていられるのか。

なぜ人間は、
僅かに口と鼻を覆うばかりの簡易な瘴気マスクを身に付けるだけで、
瘴気の渦巻く腐海に分け入ることができるのか。




ヒトは、もはや毒なしには生きられない体になっていたのである。




腐海が世界を浄化し、やがて清浄な世界がやってきたとしても。




毒の世界でしか生きられない人間は、
清浄な空気には絶えられず、血を吐いて死に絶えてしまうのである―――





なんという、皮肉な運命なんでしょうか・・・・・・・

ヒトに、生きる道など 残されているのでしょうか・・・・・・・







ワタクシ、本当にシャバの空気で


生きていけるのでしょうか。 (え?w)



隔離病棟の瘴気に毒されて、シャバに出た途端
血ヘドを吐いて倒れないか、とっても不安なワタクシなのでありましたとさ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





そ、そんな結論!? Σ(゜ロ゜;)!!!





ではでは、今日はこの辺で~ ノシ (え?w)











というわけで、シャバの空気が恐ろしかった昨夜は
 同志・LUNさんの隔離病棟にお邪魔させていただきますた (; ´∀`)


もちろん お手伝いに伺ったんです(・∀・)YO!

決して冷やかしではないです(・∀・)YO!!


空家のファン2号を自称してくださる稀有なお方、
はじめましてのSHIZUさんが、わざわざご挨拶に来てくださり!


重症患者なLUNさんを、楽しくお見舞いさせていただきましたとさ♪


LUNさん。

・・・・・・(●´艸`)ムフフフフ (え?w)

もとい、ぜひまた金冠ツアーご一緒させてくださいね♪



そして、とっても気さくなSHIZUさん。

昨夜はありがとうございました!

楽しい狩りに、ぜひまたご一緒させてくださいね♪




スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。